広告

広告

2018年5月26日土曜日

読み合い 切り合い 他人のふんどし

昨日は、片道130Km程を往復。
出掛ける時に、雨は、止んでいた。
予報も曇り後、晴れ。
行く先で11時に人と会う約束をしている。
札幌ドームへ下り、羊ヶ丘通りを右折して里塚まで。
さて上を行くか、下を行くか?

出発は、8時。
3時間あれば下でもj充分か。
そう昨日は、レンタカー。

ジャストタイムで11時に約束の場所へ到着。





地域の小学校の
運動会の日。
これから晴れ間が
広がるがるそうな。




約束と言えば北の将軍は間違ったな。
無体をやってしまった。
日本や韓国を振り回した手札をトランプに切ってしまった。

相手を見誤った。
特にトランプには、最もそれをやってはいけないカード。


トタンプが一番得意な手。
彼の姓を見るとDonald John Trunp。

Trumpは、ポーカーゲームの切り札の事。
日本のトランプは英語では、Cards。

切り札は、不動産ビジネスを通じて磨きに磨き上げた彼の最大の武器。
将軍の敵ではない。

新聞報道によれば北の将軍が欲する条件は、北朝鮮と言う国の保全。
それはとりもなおさず北の将軍の保身となる。

その為に北の主導で米朝会談に臨みたい。

アメリカは恐れていない。
いや少なくともトランプは、そうだ。

折角会談の下準備までできたのだから実現させて自身の価値を高めたい。
とは考えない。
言いなりで条件を飲むことは、敗北と捉える。
少なくても日本と欧米の切り札の使い方は、違う。

北があれこれ混乱させて事を誠実に運ぼうとしないなら止めだ。
いいよ会談なんかしなくても。
世界の中から孤立したいならそうしているがいいさ。

いままで以上の経済制裁があるぞ。
それが我慢ならなくて軍事的な行動を少しでもとろうとしたら
どうなるかわかっているのかな?

慌てたのが将軍様。
さて、トランプも一応交渉の窓口は閉めずにおくよ
とメッセージはしている。

いや、申し訳ない。
不誠実な態度は、謝ります。
再度会談のための時計を動かしていただけませんか?
と将軍様が腰を低く出来るのか?


ただ、その中で日本には拉致問題解決に望みを大きく持った人たちもいる。
安倍晋三もトランプの尻馬に乗っかって問題解決を果たそうともしている。

俺は、トランプにどう願いを掛けようと無理だと思っている。
トランプにとってみれば日本は、属国。

アメリカ本土への核ミサイル阻止さえできればそれでよし。
それ以上の条件を示してトランプ自身の切り札の効力を弱める必要はない。
と考えるだろう。

北朝鮮の当初の目的は、スパイ養成のための拉致誘拐。
その後消息不明者が北の仕業と確認されてからは、人質と捉えている。

人質ならば身代金を実行するかしないか。
何とも悩ましい問題ではある。
いずれにせよ他人のふんどしでは相撲にならない。


このおやじ、アゴハリ一族
世に散らばり社会を斜めから見つめブツブツ文句を垂れ
世界の滅亡を防ぎつつ勝手気ままに生きている。
札幌市在住、顎が張っている、へそ曲がりで頑固。
斜めから見る習性は、周囲に疎まれる。
趣味:ロードバイク/ クロス カントリースキー/ そして、コンサドーレ札幌のサポーター

広告