広告

広告

2018年12月19日水曜日

深筋膜剥がし

腰が立たない。
立ち上がれない。
正確には、手を付いたり
腰を充分に入れたりしなければ立ち上がることが出来ない。

ぎっくり腰状態になっている。
やっぱり駄目なのだ。
このGGは、ランニングをしてはいけないのだ。

先の日曜日に軽く、短く走る。
つま先ランニングで気持ちよく過ごした。
膝へのダメージがない。
腰も問題なし。

それでは、と昨日1時間ほどランニングをする。
6~7km位。

膝は、問題なし。
だが、夕方なってから腰に来た。
今朝になると冒頭の状態。






多肉植物と苔




2018年12月18日火曜日

月明りの下で咆哮するエンジン

クロスカントリースキーがそろそろできるだろうか?
期待している先に暖気で雪が溶ける。
気落ちするGG。

が、それだけでは済まない。
HONDAのカブを駆って、夕刊配達をしている。

圧されていた雪が緩む。
僅か4~5cmの深さ。
その程度でも車は駆動しずらい。
駆動タイヤが空転。
あらぬ方向にハンドルを盗られてしまう。







今日も冬の空





2018年12月17日月曜日

世界マスターズ陸上

昨日の札幌は、深夜からプラス気温。
15時が最高で4.8度Cまで気温が上昇。
となると雪が溶ける。

せっかく30cm近くまで積もったのに現在は、13cmまで落ちた。
GGにとっては、せっかくという形容詞が付いてくる。
せっかくが溶けてゆく。

午後からマイスキーコースの下見でもしようか。
と考えていたのだが却下。

家にいてもつまらない。
ライブラリーに読み終えた本を返却しに行こう。
ごく軽くランニングをしながらつまらないを抑え込む。

突然クイズ
世界マスターズ陸上がある。
男子65歳以上の部の世界記録は?





明日は、今日の
積み重ね。
輪島の棚田。




2018年12月16日日曜日

編上靴

昨日、鮭の飯鮨を作る。
荒巻鮭の頭と尻尾以外を全部使う。
小ぶりとはいえ結構な量の切り身が出来た。
キャベツ他野菜をサンドして塩を加えて、層にしてゆく。
作業を終えて買い物へ。
幾ら位しているのだろう?
フムフム、この量でこの値段ということは。
おお~、買うとずいぶんな値段となる。

はて?
ここで大きな手違いに気が付く。
飯と糀を入れ忘れ。
帰宅して急ぎ二つを加える。
あぶない、危ない。






ビニール袋に
密閉。
重しをして
水の上りを待つ


2018年12月15日土曜日

漬物極意

次の土曜日12月22日は冬至になる。
昼の時間が最も短いとされる日。
札幌市22日の日の出は、7時03分。
日の入りが、16時03分。
昼間の時間が丁度9時間。

では次の日から日の出が早くなるのか?
応えは、NO。

反対に更に遅くなる。
一番遅い時間が12月30日~1月9日までの7時06分。

日の入り時間の一番早い日は、冬至より前。
12月4日~12月15日の16時00分。

つまり日の入りの最速の底が今日。
で明日からわずかずつ遅くなる。

今は、そんな移ろいを見せる時期。
昨日の昼間に札幌は、少々の雪量を降らせた。
現在積雪29cm。
そろそろGGのステージが始められそうな。







今朝





2018年12月14日金曜日

自転車の命名 口腔衛生

人間の力を回転運動に変えて走る自転車。
ヨーロッパでは、二転車:Bicycle。
日本では、三輪車から開発が始まっていたらしい。
1732年というから300年ほど前のこと。
彦根の侍、平石久平次時光が発明。
新製陸舟車とか陸舟奔車と呼ぶ。
世界で初の人力自走車と言われている。
平石の自著・新製陸舟奔車之記に書かれている。
滋賀県彦根市立図書館に所蔵。


斎藤 俊彦著より
1870年:明治3年に寅次郎が製造、販売下商品名が、自転車。
ラントン型と呼ばれる駆動方式。
東京府に製造許可書を提出。

寅次郎は、その後竹内姓を名乗る。
その絵図
ラントン型自転車は、腕で稼動させたようだ。

現在の自転車という呼称の由来は、
西洋から渡来したバイシクルをもって和名を付けたわけでない。
もともと考案した製品名をそのままバイシクルにも応用した。
ということか。

日ごろ自転車なる名前の由来に興味を持っていた。
これで解決。









夏に本州・九州・四国を
外周してきた。
北海道は、2015年達成済み。



広告