広告

広告

2018年10月15日月曜日

GGの霍乱

ディスクトップパソコンのモニターしたに小さなピンクのウサギがいた。
柔らかなプラスチックゴムで出来ている。
ただのオブジェだと思いきやキーボードの掃除用具なのだという。

さっそく隙間をなぞってみた。
思ったよりも多くの綿ごみが顔を出す。
俺の白髪も混じっている。
煌めく朝日とともに迎えた月曜。

気分良し。














2018年10月14日日曜日

鹿島アントラーズは、鹿嶋市。

茨城県の国道51号線を走っていると突然サッカースタジアムに遭遇する。
正式名称は、茨城県カシマサッカースタジアム。

ご存じ鹿島アントラーズのホームスタジアムになる。
住所は、茨城県鹿嶋市。

ここで一つ疑問あり。
鹿島アントラーズは、鹿嶋市がホーム。
シマの字が違う。

なぜ?






ちょいと
遠出をしたくなる朝




2018年10月13日土曜日

五黄の俺に脳の寄生虫

2013年のNactionalGraphik  に掲載されていた。
俺は、2018年の7月24日の道新で知る。
起業意識を促しコントロールをする寄生虫トキソプラズマ。

猫塁に寄生するのだという。
その猫から次の猫へ鞍替えをするときにネズミを媒体とする。
寄生したネズミの行動思考を変化させてしまう。
大胆な行動をとる。
反応時間が遅い。
無気力。
ネズミとして生き抜く事が難しい個体に仕上げてしまう。





東の空上空の雲が
日の出に染まる。
石炭を燃やしていた頃に見た
ストーブの中の色。



2018年10月12日金曜日

全国に泊は、いくつある?

北海道に泊という村がある。
北海道に唯一の原発のある地域。

今回の旅をして最初に不思議に映ったのがこの泊。

海岸線の中に泊という地名が必ず現れる。

一日目の下北半島に夏泊という半島がある。
ああここにも泊りと名のつく地域があるのか。
二日目の下北半島にも出てきた。
海岸線を辿るごとに泊を目にする。

泊は、宿泊に関係があるのか?
それも小さな港で起伏の大きな崖に囲まれて
そこに一夜止まらなければならないような通行の難しい場所?
と推測した。

帰ってから調べようと棚上げしていたものを下してみる。
自分の推察は、まるで間違い。





大阪・名古屋・東京の
大都市に共通するのは、
大きな湾。
今も昔も海洋交通は、
商工業の要。



2018年10月11日木曜日

鯖缶で死ぬ思い

良く聞く話は、餅。
幼子なら飴玉。

喉に詰まりやすい食べ物
日本訪問歯科協会という組織のサイトに以下のリストがあった。

1.おもち
2.刺身
3.寿司
4.魚の骨
5.りんご
6.かまぼこ
7.海苔、わかめ
8.こんにゃく
9.ゴマ、豆類
10.カステラ

医療関係の注意喚起なので間違いはないのだろうけれど
ちょいと首をかしげたくなるもの多々あり。

のど詰まりもあるだろう。
けれど食道詰まりも多くあり。

のどが詰まると呼吸もできない。
餅などの詰まりでは、これになるのか。






晩秋の一コマ





2018年10月10日水曜日

かしがったは、北海道だけ?

天皇とて用を足すときには、しゃがむんだなぁ。
妙な感心をした話は、一昨日のブログ。

かがむとしゃがむの違いは何だべ?

同じ日のブログでやんどころなきを使った。
よんどころなきの違いは?
と不思議が浮かんだ。
解らなければ、調べてみよう。


夕刊の配達を再開する。
カブの運転で降りての動きにしっくり感がない。
足が地に付かないというか、地に足が付かないというか。
てんでんばらばらなのだ。
てんでんは、転々ばらばらだろうか?
半分を回ったあたりで感が戻ってきた。









台風21号の風で根元から
かしがっていまったヒバ。
押し戻そうとするも
びくともしない。
なるほど自然の力のなせる業。








てんでんは、点々が正解だった。
ばらばらは、バレるが語源か。
江戸時代は、破れると書いてばれるとも読んだそうな。

が、やぶれると読み間違いするために漢字で表さなくなった。
とは、ヤフー知恵袋での解釈。

広告