広告

広告

2019年12月12日木曜日

鎖骨の謎と取材不足。

今夏の終わりに鎖骨骨折をした。
このことで鎖骨について興味を持つ。
インターネット鎖骨巡りであれやこれやを知る。

突然、問題です。
猫に鎖骨は、あるでしょうか?
正解:Depositphotos画像
では、犬に鎖骨はある?
馬には?
何れもなし。

猫・犬・馬の三種に共通する条件は、四足歩行。
彼等が走り始ると前足で体重を受け止めなければならない。
その時に鎖骨があると背骨に強い衝撃を受ける。
そこで大部分の四足歩行動物は、鎖骨を退化させた。

猫は、頭の幅があれば狭い場所でも潜り抜けられるのは、鎖骨がない事がその理由。


自分自身の鎖骨固定プレート













では、霊長類のサルたちに鎖骨はあるか?
無論人間と同じで有り。

更に、四股で走るネズミに鎖骨はあるか?
正解は、有り。
連中は、四足歩行なのに有り。

2019年11月29日金曜日

小説 Lugh ルー 21 終回

ボクシングで一番威力のあるパンチ。
カウンターのカウンター。
クロスカウンターと呼ぶ。

TV解説者「スプリントの態勢に入った時にギアを一枚残していました。
白石選手は、発射台になることを予想してあそこで二人を誘ったのでしょう。
後ろを発射させたうえでMAXの噴射をしました。
まるで三段ロケットの最終ロケットのようでした。

スプリント勝負を制するイメージは、持てていた。
が、自分がゴール間近で発射台にされると不利になる。
誘ってそれより早くカウンターを出させる。
そして叩く。
そのタイミングやスピードの加減など難しい課題は多いけれど
考え抜いた末クロスカウンターを狙うことにした。

解説「白石選手の最初のスプリントは、この年代のトップクラスのレベルでした。
追う二人の選手は、それを利用して150m程前でスプリントの勝負を掛けました。
白石選手は、それを待っていたのです。」
司会「トラップですね。」
解説「あの時点でもう一段上のスプリントが出来る。
自力がないとあの走りはできません。
素晴らしい脚力でした。」

もう少しの距離を我慢されていたら僕のまくり返しは、成立していない。
二人は、ぎりぎりの線で勝負に出てくれた。











2019年11月13日水曜日

小説 Lugh ルー 20

10%を超える700mの激坂入り口でメイン集団が迫る。
各チームのトップで共闘する5人。
ここは、お互いのプライドを捨てて白石を追い詰めよう。
半年前まで中学生だった1年坊に逃げられては俺たちの立場がない。

僕のバイクは、転倒でリアギアが中間から動かなくなってしまった。
3分あったビハインドをメイン集団がアッと言う間に縮める。
はやる気持ちを落ち着かせる。
脚を使いすぎるとつぶれてしまう。
焦らないように、自分に言い聞かせながら登る。
メイン集団が抜いて行く。
その中の早坂先輩が、僕の擦過傷を見て、
「落車か?」
「はい、ディレーラーも逝っちゃいました。」
「スペアバイクは?」
「上で待機してます。」
「今度は、追う番だな。」
「はい、必ず追いつきます。」
「来いよ~。」

集団が瞬く間に離れて行く。
「クッソ~、
必ず逆転サヨナラするもんねぇ。
ヒーローになるのは僕だもんねぇ。」
ひとり言ちていた。














2019年10月30日水曜日

小説 Lugh ルー 19

この先のカーブは、危険。

僕以外は、インターハイの上位選手が早いTTスタート順。
2番手早坂先輩が僕より速いと僕のゴール1分以内に入ってくる。
が、来ない。
僕に後れること43秒。
3番手以降も僕を破ることはなかった。
TT(タイムトライヤル)の1位になってしまった。

僕の記録は、平均時速約43km。
アマチュアエリートクラスの上位アヴェレージに匹敵する。
南海さんが
力があるのはわかっていたけれど
ここまで出してしまうとは、と驚く。
しかし、僕自身は生煮え。
走った気がしない。

この後のロードレースは、一般道路の使用もする。
だが片側のみでコース幅の狭いところが多い。
縦長のレースになり団子状態にならない。
西輪厚では、きついカーブも多発する。
そういう場所では、カーブ前で渋滞を起こし
後ろの選手ほど前との間隔が開いてしまう。
渋滞は、接触や転倒のトラブルが起きやすい。
全体に抜くポイントが限られるコース。

ロードバイクのスタートは、この大会の規定で
前列にTTレース上位者が位置する。
上位入賞はしろ、と言う南海さんの指令。
優勝してしまったとなると僕へのマークはきつくなる。
蓋をしに来る選手が送り込まれる可能性が高い。
レース初心者の白石君が駆け引きに巻き込まれると
余計なエネルギーを消費させてしまう。

作戦が決まった。
最初から逃げる。
渋滞の中で貰い事故のリスクを減らす。
初レースのハンデを無実化して僕のペースでレースを運べ。
逃げ切り優勝をしよう。
どんな逃げ切り方をしたらいいのかを南海さんがレクチャーしてくれた。

僕を見る参加者視線を強く感じる。
確かにマークがきつくなりそうだ。














2019年10月16日水曜日

小説 Lugh ルー 18

勝ち虫が翔ぶ

開催日は、2012年10月7日日曜日、体育の日の前日。

第一回光栄ロードバイクレース若獅子杯が、正式名称。
あっという間にその日が来た。

TTレース(タイムトライヤルレース)のスタート地点。
アナウンスが流れる。
「エントリーナンバー1番、光栄高校1年白石亨蕗君」
ゲスト出場の僕は、一番のエントリーだった。
高さ1.5m程のスタート台にバイクを乗せ跨った。
両ペダルのピンディングを装着する。
バイクは、係が支えてくれている。
カウントダウンが始まる。

赤トンボが僕の右こぶしに止まる。















距離は、10km。
ハイスピードを維持する力が問われる距離。
札幌の中央を流れる豊平川の河川敷を利用したサイクリングロードがコース。
左右のうちの右岸コースで白石の清掃工場近くがスタート地点。
そこから学校近くの中の島まで、極僅かな登りの平坦。
空は、晴れ渡り少しだけ向かい風。
コースは、テープを渡し所々に係りを置いて完全に封鎖されている。

コーチをお願いした南海さんから、

TTでは、優勝するな。と言われている。
このレースに全力を出し切るとあとの100kmロードの終盤が持たなくなる。
だから一位になるな。
しかし、ロード優勝のために上位でフィニュシュしろと言う。
そんな難しい話、どう理解する?

2019年10月2日水曜日

小説 Lugh ルー 17

目標が、定まる。

8月10日、兄二人が揃って帰省した。
長兄が寛至ひろし、次兄が雅斗まさと。
寛雅蕗カンガルー兄弟が久しぶりに揃った。
家は、一気に賑やかになった。
そして手狭に。
二人も標準を軽く越える上背がある。
背の高い5人が揃ったのだから狭いのは、当然のこと。

今は、僕専用の部屋になっている子供部屋は、一気に窮屈な空間になった。
母は、おばぁちゃんの使っていた今は客用の和室に寝たらいいと提案した。
これから兄弟三人で寝ることなど、何回あるだろうか?
と自分たちの部屋だった子供部屋で寝ることを選んだ。

部屋で3人だけになった時に僕の怪我のことが話題になった。
僕は、「光栄高校の野球部白石、イケメンの変顔、蛸の剛球」
というタイトルのインターネット動画を見せた。
全部真っすぐで三者連続三振、凄いなぁ。」
「実現させてたのか~。」
蛸口やってるなぁ。」
「ルーの癖だもんな。」














「これが出来たからピッチャーに未練がない。
他の競技で世界を狙うことにした。」
「おっ!世界か。」
「ルーなら世界という言葉に現実味がでる。」
「嫌味も感じないし自然に受け入れられる、応援するぞ。」
「ありがとう。」
「でも続けようという気が全くない?」
「ない、とは言い切れない。」
「そうだよなぁ。」
「小さい時からずっとトレーニングを積み重ねてきたんだもんな。」
「でも理想の球を投げるためのフォームを取り戻せない。」
「ルーなら打てない真っ直ぐに拘らなくても十分一流になれる。」
「それでは、面白くないじぁない。」
「一流の中の一流がいい。」
「そうだな、ルーにはそれだけの素質がある。」
「そこに挑戦、おお~っ!!」
三人で声を合わせた。
母が「大きな声で騒いじゃだめよ。」
「は~い。」



広告