広告

広告

2018年4月23日月曜日

ダイヤルロックは破られる。





今朝も好天を
約束するような
夜明け前






7月の末くらいの予定で日本一周に出かける。
そのために必要な装備を買い集めている。
昨日はその一つ自転車のTailfinラックを取り付け試走。




このままでも
普段に走りに
問題ない。
後輪の泥除けが付く。
跳ね上げが無くなる。




バッグの着脱がワンタッチでできてしまう。
日に何度も繰り返される作業が簡単であることはうれしい。
無論軽い。
メーカーでは、堅牢性についても検査機関の折り紙付きと保証している。
が、如何せんカーボン製品。
衝撃には弱いはず。
ここの取り扱いには、要注意。



先日アメリカのアマゾンからノートPCが届いた。

Chromebook。
GoggleChromeOSで出来ている。
Windowsとの互換性がない。
が、俺はブログがアップ出来てインターネットが出来て
その延長のDAZNが見られればそれでよし。

ASUS社製で日本でも入手可能。
だが1万円ほど割高となる。
日本仕様ではない部分は、充電の場合のコンセントの形状だけ。
これは二本足の差し込みに繋ぐアタッチメントを追加する。

キーボードのアルファベットにひらがなが入る入らないに違いもある。
もう20年以上英字日本語変換をしているのでなんの支障も無し。
キーボードの並びは、若干の違いはある。
基本部分は同じ。

実際ここまでを初めて書いている。
慣れで解決できる範囲と思える。

製品は、C213Sで水滴と衝撃の防止仕様になっている。
日中の日の下でも使用できる。
バッテリーが12時間もよし。
通常のノートPCなら間違いなく10万円以上のスペックを持つ。
が3万5000円ほどで購入。

問題は、写真。
PC自身のカメラ機能もある。
写してみた。
ここへ插入できるはずだがいつもの手順ではだめ。
画質も含めて比べは、後日にする。

カメラは、カメラとして特化して作っているものがいいに決まっている。
俺のデスクトップではカメラからUSBケーブルで繋ぎできていた。
が、これでは出来ない。
調べるとSDカードリーダーなる小さなアイテムがあれば解決できそう。

なんとかなりそうでまずは安堵。
ここまでChromubookでかいてみた。
書いてみて目論見通りに使用できている。


セキュリティの問題がある。
PCではなく盗難。
自転車を一度盗まれる経験をした。

あれは辛い。
置いた筈の場所にない。
場所が違っていた?
周辺を探した。
3回目で盗難であることを自覚した。

それが旅行中なら更に酷い現実が待ち構える。
回避せねば。

普段は、細いけれど丈夫なワイヤーのナンバーロックを使用している。
人通りが多く長い時間を駐車させなければこれで足りる。

しかし日本一周となればもっと対策が必要となる。
FaceBookで目に留めたのがこれ。
1月に注文。
受注生産で到着したのは4月。

それがこれ






OTTOLOCK日本





材質はケプラーとある。
ケプラーといえばあれだべ。
あれよ、防弾チョッキ。
それが使用されている。
構造写真













ちょっとやそっとで切れないし燃やせない。

が、届いたときにふと思う。
ダイヤルロックであること。
注文を出す時にはなんの衒いもなくクリックしていたのに今更?

俺は、ずいぶん昔からダイヤルロックを解除できる。
無論知らないナンバーを開けられる。
道具は、なにもいらない。

ということは、他にもそういう特技を持つ人がいるはず。
ちょいとインターネット検索すると続々出てくる。

買ったこの2本で割引ありとはいえ15000円もした。
無駄?

俺の特技でOTTOLOCKを破ってみた。
破れない!!
解けない!!
開けられない!!

これなら大丈夫。
ダイヤルロックは、安価で作ると破られる。
これだけ精密に作られているなら大丈夫。
軽くてコンパクトそして堅牢で高デザイン性。

安心が得られる。



このおやじ、アゴハリ一族
世に散らばり社会を斜めから見つめブツブツ文句を垂れ
世界の滅亡を防ぎつつ勝手気ままに生きている。
札幌市在住、顎が張っている、へそ曲がりで頑固。
斜めから見る習性は、周囲に疎まれる。
趣味:ロードバイク/ クロス カントリースキー/ そして、コンサドーレ札幌のサポーター

広告