広告

広告

2018年3月18日日曜日

勝ち点渇望

札幌市3月18日1時積雪52cm9cm減 累計1cm減 降雪0cm

一昨日降った20cmを超えた雪は、一日で消滅。
この時期の太陽の熱量は、我々の心を解放してくれるだけではない。
厚く踏み固められた雪氷を氷割作業で人間の頭ほどに割り出す。
途端に雲散霧消してしまう。

昨日そんな一軒の家の軒先にガッパイを見た。
北海道の方言でガッパイは、蕗の薹とう。
沖縄では、張り出た後頭部の事を云うらしい。
そういえば蕗の薹の蕾の頃は、あの張り出た後頭部と似ている。





今日は、晴れマークの
一日だという。
気温も8度Cまで上がる。
昨日今シーズン最後と決め
スキー納めをする。



本に叢 という漢字が出てきた。
音読みが、ソウ。
訓読みが、くさむら・むらが-る

漢字の成りたち見ると物騒な作りになっている。
勝利した相手の耳をそぎ落とす様がその成り立ちとは。

もう一つ、手解き。
読み仮名無しだと不正解であろう漢字。
てほどきとは、この漢字なのだと識る。
解 漢字成りたちを見る。
牛を解体する様。
これもリアルな成り立ち。

昨日の北海道新聞朝刊のコラムに、阿の訓読みが紹介されていた。
阿 漢字成りたち
曲って入り組んだところという意味で作られている。
又は軒やひさしの意味もあり。

日本に入るとおもねるという訓読みに当てた。
新聞では、忖度なのか指示なのかの問題に引っ掛けて話にまとめている。

今日は、午後からJ1第4節対長崎のホーム戦となる。
ここまでゼロ勝1引き分け2敗で勝ち点1。
残留の最低条件からいえば3割の勝ち点が必要。
今日の試合で勝利して初めて12勝ち点の3割4点になる。
これを落とすと本当に厳しい数字を残すことになる。

相手は、堅守速攻のがちがちの戦術にまちがいない。
そこをどう崩すのか。
前半15分が鍵。
ボールの走るドームに相手が慣れるまでにまず1点。
その後相手の隙を突いて追加点。
後半もう1点を奪って3-0勝利。


野々社長は言う。
個人の能力を上げる段階。
足りない能力を戦術で埋める時期ではない。
データ的には上位と遜色ない。
が成功のメンタルが足りない。
DFには、視野と考察。
攻撃には、チャレンジ。

彼らの目で見たコンサの選手達は、一定のところまで達しているという。
ならばこの機に大勢のサポーターを前に見せてもらいましょうか。

3の勝ち点渇望患者多数あり。
良薬は、勝利のみ。




このおやじ、アゴハリ一族
世に散らばり社会を斜めから見つめブツブツ文句を垂れ
世界の滅亡を防ぎつつ勝手気ままに生きている。
札幌市在住、顎が張っている、へそ曲がりで頑固。
斜めから見る習性は、周囲に疎まれる。
趣味:ロードバイク/ クロス カントリースキー/ そして、コンサドーレ札幌のサポーター

広告