広告

広告

2017年5月11日木曜日

UEFA決勝進出は、レアル。

今朝早朝のサッカーUEFAチャンピォンズリーグ
準決勝のもう一方が開催された。

アスレチコ・マドリーVSレアル・マドリー 第2レグ。
     VS


ヒメオレ監督がホームのサポーターを煽る。
スタジアムは、満員のサポーターが最高の雰囲気を作る。

その昔の肉弾戦が行われた戦場では、こんな地鳴りのような歓声が
轟いていたことが想像できる。

開始早々からアスレチコの猛攻が始まる。
ボールを持てば前へ運ぶ。
前に出せたらドリブル勝負、クサビ、クロスと、
とにかくシュートへ結びつけようとする。

そして、迫る。
怒濤の如くレアルゴールに向かう。


レアルはカウンターで逆襲する。
アスレチコDFとGKが気迫で跳ね返す。

アスレチコの猛攻が結実した。

12分CKからヘッドで先制点。
15分トーレスがゴールエリア内への突破でPK獲得。
PKで追加点。

サッカーで15分は、ひとつの区切り。
あと1点でトータルスコア同点。
ここを一気に行くかあとの十分な時間の中で同点~逆転まで行こうとするのか。
ヒメオレは、後者を選択した。

皮肉にもその選択は、裏目に出てしまう。
42分レアル、ロナウドのスローインに
ベンゼマ素早くライン上をランニングしながら受ける。
深く持ち込みCK付近をDF二人に挟まれるがそこを抜け出す。
さらにゴールエリア外でDF三人の壁を一人で突破。
華麗ではない。
重戦車が障害物を押し倒して進むようなドリブルで
ラインぎりぎりをエリア内に突入した。

そしてマイナスパス~シュート。

GK辛うじて触る。

こぼれる。

詰めていたイースコの前に転がるボール。

イースコ右足で流し込む。

試合は、これで終了したようだ。

アスレチコにあと3点をたたき出す余力は、無かった。

逆にスタジアムにはレアルの余裕の空気が広がってゆく。

ベンゼマに抜かれたシーンは、DF3枚が抜かれた。
ライン上を開けていたのが原因。
この失敗は、精神的ダメージが大きい。

気力を削がれたように見えた。

開始から15分まで、
いや、42分にレアルに1点を許すまでは何かが起きそうな雰囲気があった。

しかし、レアルの選手たちは浮足立っていなかった。
強かにアウェイゴール1点を狙っていた。

そして力でねじ伏せた。
試合は、そのまま2-1で終了。

チーム力の違いと言えばそれまで。
逆にアスレチコがよくあそこまで追い詰めた。
とサポーターも評価するであろう。


決勝は、世界の大多数が予想したユベVSレアルとなる。
6月3日土曜日、
日本時間朝3時45分キックオフ。
ウェールズ国立競技場が舞台となる。
地上波でも毎年生中継が行われる。
サッカーファンなら見逃せない試合。



このおやじ、アゴハリ一族。世界に散らばり社会を斜めから見つめブツブツ文句を垂れ
世界の滅亡を防ぎつつ勝手気ままに生きている。
札幌市在住、顎が張っている、へそ曲がりで頑固。
物事を斜めから見る習性があり周囲に疎まれる。
趣味:ロードバイク/ クロス カントリースキー/ そして、コンサドーレ札幌のサポーター


◆おやじのUmemiyako「うめ都」 HPは、こちら
俺の開発した 
特製三升漬け「ひいぃっ!」、
山わさびメーアレデッヒは、 「うめど~」
Yahooショッピングで売ってます

広告