広告

広告

2018年6月30日土曜日

シール効果と放屁

興味があればとりあえずは、やってみよう。
やったもの勝ちのGGなのであります。

何をしたか?
消化器官は、口から始まって最終地点で終了。
その終点にとある試みをした。

先日そこの痛みについてブログした。
その対策にシールを貼るがあった。

手元にキネシオロジー筋肉伸縮保護テープがある。
適当に切って貼ってみる。

ちょいと位置が違うかな?
貼りなおそうとした。

あっちゃ~~~っ!!







今日は、蝦夷梅雨の
狭間らしい。
走られるうちに走っておこうか。





サッカーWカップの16強が決定した。
次のステージは6月30日が皮切り。
最初の試合がフランスVSアルゼンチン
トーナメント形式になる。
負ければおしまい。
サバイバルも後2週間となる。
見ているこちらは、グループリーグと違い日数が開いている。

ありがたし。

試合のない昨夜は久々8時間連続睡眠。
寝起きの今、体と頭が重だるい。

サッカーwカップの基礎知識を紐解いてみる。

FLFA公認加入国/Wカップ出場枠/出場割合
アジアサッカー連盟 46ケ国/4.5ケ国/9.78%
アフリカサッカー連盟54ケ国/5ケ国/9.25%
ヨーロッパサッカー連盟55ケ国/13ケ国/23.6%
オセアニアサッカー連盟11ケ国/0.5/4.54%
北中米カリブ海サッカー連盟35ケ国/3.5ケ国/10%
南米サッカー連盟10ケ国/4.5ケ国/45%
他開催国1ケ国

総加盟国212ケ国
総出場枠32ケ国
出場割合15%

この数値を見ると南米のと特出した値が目立つ。
次にヨーロッパだがそれでも南米の約半分の出場枠割合。

過去全20回の優勝チームを見る。
ブラジル5回
イタリア4回
ドイツ4回・西ドイツ3回
ウルグアイ2回
アルゼンチン2回
イングランド1回
フランス1回
スペイン1回

優勝割合
南米9回/45%
ヨーロッパ11回/55%
回数ではヨーロッパが上回る。
が、チーム数は南米10ケ国・ヨーロッパ55ケ国
ヨーロッパの2割に満たない南米が45%を占めている。

優勝国が南米とヨーロッパだけで他地域の優勝がない。
今まではこの二つの地域が世界サッカーを引っ張ってきたことになる。

ただ近年アフリカ勢の台頭が顕著に見える。
ヨーロッパへ渡ったアフリカンが母国の代表で
出場することに関係するようだ。
それは移民であったり、ヨーロッパ各リーグ
有力チーム育成教育の一貫だったり。

今大会の16強を再度見る。
A組:ウルグアイ・ロシア
B組:スペイン・ポルトガル
C組:フランス・デンマーク
D組:クロアチア・アルゼンチン
E組:ブラジル・スイス
F組:スゥェーデン・メキシコ 
G組:ベルギー・イングランド
H組:コロンビア・日本 

ここにアフリカがいない。
ヨーロッパ 10
南米 4
北中米カリブ海 1
アジア 1

FIFA加盟国10の内4ケ国がここにいる南米は、やはり激戦地域ということになる。

身体能力が傑出している。
アフリカ勢が近い将来南米・ヨーロッパと伍して戦い
優勝を手にする国が出ることになるだろう。

ここまでくると今大会の優勝は南米かヨーロッパに限られそうだ。
が、そんな中で注目はここ。
侮るなかれメキシコ:FIFAランキング15位:5月発表。

最初の試合がブラジルとなる。

ここを突破できたとき大波乱の優勝があるかもしれない。
過去のブラジルVSメキシコAマッチ戦歴
ブラジル23勝/73得点
メキシコ10勝/36得点
引き分け7試合



さて、消化器官最終地点に貼ったテープ。
剥がそうとすると痛む。
ムダ毛処理ワックスのように。

ふだんは、目にすることなど絶対にない部分。
その毛が存在しているかどうかなど意識の外のこと。
これに粘着質が絡まっていた。
勢いをつけて剥がせない。
弱い力でははがれない。

さてトイレで文字通り思案投げ首で考えた。
多少目標からずれていようと、もとりあえずは貼った感触なり
その経過なりは試すことができる。
時間の経過で皮脂を吸い剥がれやすくもなるだろう。

ひとっ走りしてきた。
案の定、剥がしやすくなっていた。
めでたしめでたし。

えっ、使い心地は?
いいね!
ただし、自転車に乗りながら放屁できない。
というかできるのだけれどした気がしない。
勢いよく放出して砲音を鳴らすことができない。
蓋がしてあるのだから当たり前。
テープがプカっと盛り上がる。
その感触が妙な存在感を覚える。
気持ちがいいわけではない。
自分の体のありえない反応に違和感というやつ。

ああ、そうかあの風圧でも剥がしやすくなっていたのか。

このおやじ、アゴハリ一族
世に散らばり社会を斜めから見つめブツブツ文句を垂れ
世界の滅亡を防ぎつつ勝手気ままに生きている。
札幌市在住、顎が張っている、へそ曲がりで頑固。
斜めから見る習性は、周囲に疎まれる。
趣味:ロードバイク/ クロス カントリースキー/ そして、コンサドーレ札幌のサポーター

広告