広告

広告

2018年2月24日土曜日

コンサ2-3で逆転勝ち!!

札幌は、もうすぐ3月を迎え長かった冬の仕舞い月となる。
平年値で言うと2月の20日頃から積雪量が減り始める。
で本日現在の積雪を起に積雪ゼロまで追いかけようと思う。
札幌24日1時の積雪 66cm





南からの風でも
入っていただろうか?
今朝は、晴れた空なのに
冷えていない。





北海道コンサドーレ札幌のJ1リーグ2018年初戦が本日開催。
相手は、サンフレッチェ広島でアウェイ戦。

どんな試合になるのだろうと、予想してみた。
いや、予想どころか妄想かもしれない。

昨季は、三度みたび降格の恐れがあった広島。
今季の陣容が整えられたのか?
監督は、城福が新任。
城福サッカーという確たる色付けは無いように思える。
敢えて言えば日本式サッカー。
守りを主に堅実に勝利を得る。
そんな印象がある。
監督就任の会見で選手も楽しむことのできるサッカーをする。
とコメントしている。
が、それは理想としてはそうしたい程度の目標で
まずは、勝つチーム作りからなのだろう。
チームの始動は、1月22日と少し遅い。
選手の適正を1ケ月で見極められているか?


選手の出入りを見る。
先ず上げなければならないのがミキッチ。
クロアチアから広島に移籍して9年間WBやボランチで活躍した。
現在37歳。
広島では、契約満了で継続なし。
湘南からのオファがあり移籍した。

FW登録の宮吉がコンサドーレに移籍。
2016年から広島移籍もその年Jリーグ戦13試合、2017年8試合と
怪我の影響もあり低迷していた。
将来の日本代表と期待される逸材。

INでは、
ウタカをFC東京から戻すのかと思いきやウタカとの契約なし。
和田拓也を大宮から獲得。
ミキッチのポジションか。

タイからディーラシン29歳レンタル移籍
タイ代表のエース
出場機会はなかったものの2007年~2008年シーズンに
プレミアリーグのマンC所属経験あり。

J2徳島のエース渡大生24歳
昨年J2で2位の23得点をマーク。
1位は、横浜のイバク。
J2日本人20得点は、2014年の大黒将司以来の二人目
と言うから日本人選手としては、Jリーグの大注目選手。

もう一人
磐田から川辺駿22歳が4年ぶりに返り咲き。
中村俊輔の移籍前は、磐田の司令塔として成長している。
将来の日本代表も期待されている。

選手の顔ぶれからDFは、GK林を含めて安定は望める。
ボランチも青山・森崎が控える。
こうして広島を眺めると陣容が揃ったかに見える。

あれぇ?
広島強い!!


さて試合開始
札幌の前戦からプレッシャー掛けられまくりで
嵌められてコンサ早々と1点献上。

15分を過ぎてコンサ徐々にボールの支配率が増えてきた。
が広島は、自軍を早めに固めてコンサにエリア侵入を許さない。

広島は、自軍でボールを奪うとコンサの前線に長いパス。
ディラシンが起点となりコンサDFと競る。
競り負けてGKと1対1の場面も作る。

が倶の好守で追加点を与えず。

前半の終了間近にコンサCK。
ショートで三好にパス。
三好強引にエリアに切り込む、と見せかけて後ろのチャナに送る。
チャナは、バイタルに控えたJAYにワンタッチでアンダーで強いボールを送る。
JAY斜め左にワンタッチで送る。
エリア枠少し外からワンタッチで駒井シュート。

GK林辛うじて触る。
こぼれたボールは、宮澤の前にきた。
これも迷わず右足インを面にしてワンタッチで右下に流し込む。

同点ゴ~~ル。

前半終了。

後半は、コンサの優勢で始まった。
が一瞬DFの隙を突かれて追加点を失う。

前半と同じような展開が続く。

後半の30分まで膠着状態。
コンサは、深井に代えて兵藤を投入。
深井が少し疲れを見せていた。
続けて三吉に変えて伸二が入る。

俄然テンポが変わる。

縦への楔を打てなかったコンサだが、二人の投入で広島が左右に
振られる場面が多くなる。
そして空いたバイタル中央の小野に楔のボール。
小野は、ワンタッチで左からエリアに侵入しようとするJAYに浮かしたパス。
JAYヘッドで叩きつけてゴ~~ル!!

時間は80分だった。

広島も前の選手を交代させ襲い掛かる。
札幌は、進藤に変えて石川。
石川は、CBに入り両袖に福森とキムの布陣。
DFラインは、SBの二人も加わり5バック。

前線にJAYを残し懸命に猛攻を防ぐ。

後半アディショナルタイム。
もう笛が鳴ると思う刹那。
駒井が福森からパスを受け取り中央をドリブルで駆け上がる。
JAYが並走。

駒井は、2人のDFを抜いてJAYにパス。
JAYそのままシュートと思わせて追いついていたDFを躱し追走してきた駒井にパス。
駒井は、これもJAYに振られていたGK林の大きく開いた右枠に正確に流し込む。

札幌は、苦しみながら逆転しさらに追加点を上げて2-3勝利。
アウェイでの1戦目を魅せる試合をした。

先発は、去年より3歳下回った若い選手達。
そこの頑張りと後半の勝負所でのベテラン選手の状況を的確に打開した攻めで同点。
そしてしっかりと守りベテランと新加入選手の連携で逆転。
理想的な2018年の滑り出しとなる。



このおやじ、アゴハリ一族
世に散らばり社会を斜めから見つめブツブツ文句を垂れ
世界の滅亡を防ぎつつ勝手気ままに生きている。
札幌市在住、顎が張っている、へそ曲がりで頑固。
斜めから見る習性は、周囲に疎まれる。
趣味:ロードバイク/ クロス カントリースキー/ そして、コンサドーレ札幌のサポーター



広告