広告

広告

2017年7月17日月曜日

腹ペコの馬?

北海道の7月初旬から真夏日が連続していた。
猛暑日も3日連続。
23年振りと報道されていた。

が、昨日の日曜日午前中の事。
気圧の配置が大きく変化したことを身体が教えてくれる。

それまでTシャツ1枚下は、ハーフパンツの恰好。
居間の二つの大窓を全開にして玄関ドアも開きで風を通していた。
が、急に寒い。
大窓の一つを閉じる。

それでも寒い。
上に半袖ポロシャツ着用でようよう収まる。




道端で見つけた
苔なのか
多肉植物なのか。
俺の親指大の
鉢に植える。





そのうち強い雨が降り出した。
11時くらいの事。
その時まで吹いていた南の風が北からの風に変わる。
そして10時に25.7度Cが
11時で23.8度Cと下がりだした。
12時には、21.6度Cまで落ちて居た。
強い雨は1時間近くでお終い。
このあたりの畑には、大きな恵みの雨。

なんとも急激な変わりようだ。


安倍晋三支持率下落が止まらない。
直近の時事通信社安倍内閣支持率は、29.9%まで落ちて居る。



























調査方法は、
調査地域:全国の市町村
調査対象:満20歳以上の男女
標本数 :2,000
抽出方法:層化副次(2段)無作為抽出法
調査方法:調査員による個別面接聴取法
実施期間:前月の上旬4日間



既に安倍晋三内閣に対する国民の意識:潮目が完全に変わっている。

潮目とは、言わずと知れた海水の流れの境目を指す。

物事がマイナスに変化したことを指す言葉が多々ある。
落ち目の三太。
堰を切る
泥舟に乗り、泥船から逃げる。
風前の灯
千丈の堤もアリの一穴から崩壊
転げ落ちる雪玉

ネット検索しているうちに興味を持った、ダムの穴。





画像:滋賀県ホームページより





満タンになると堤が決壊する。
そこを防ぐために上部の放水口を開ける。


その放水口が湖面に開いている。
初めて識ったダムの穴:グローリーホールと言うのだそう。
アメリカ モンティセロダム:カツフォルニア州











このダムの名前が、
ハングリーホースダム
モンタナ州






一旦は、北海道らしい夏に戻った。
安倍政権の支持率は、戻ることはないだろう。
一度離れた人心は、戻らない。
元々が、信頼を置いていたわけではない。
他に信頼を寄せる相手が見当たらなかった。

自分の打った政略が上手く行き過ぎてとうとう馬脚を見せてしまった。

国民は、こんな人たちと思われている、と気が付いた。
不支持と回答した人の大多数は、総理が信頼できないと答えている。

もう浮揚することはない。
早々に退路を見つけておいた方がいい。


このおやじ、アゴハリ一族。世界に散らばり社会を斜めから見つめブツブツ文句を垂れ
世界の滅亡を防ぎつつ勝手気ままに生きている。
札幌市在住、顎が張っている、へそ曲がりで頑固。
物事を斜めから見る習性があり周囲に疎まれる。
趣味:ロードバイク/ クロス カントリースキー/ そして、コンサドーレ札幌のサポーター

◆おやじのUmemiyako「うめ都」 HPは、こちら
俺の開発した 
特製三升漬け「ひいぃっ!」、
山わさびメーアレデッヒは、 「うめど~」
Yahooショッピングで売ってます。


広告